その頭痛、酸素不足かも。マスクやストレスが原因?対策・解消方法紹介

酸素不足による頭痛

慢性的な頭痛のほとんどが、酸素不足から来ていると言われています。


頭痛が起こると心もすり減り、集中力がなくなったり元気に過ごせなかったりします。


たくさん薬を飲むのも、他の影響が心配ですよね。


この記事では、酸素不足による頭痛を改善する方法などを紹介します。


Follow Me

あなたの頭痛は酸素不足?まずは酸欠チェック


  • あくびがよく出る

  • 疲れやすく回復しにくい

  • 睡眠時間は短くないのに寝た気がしない

  • 寝付きが悪い

  • 朝すっきり起きられない

  • ぼーっとすることが多い

  • いびきをかく

  • むくみやすい

  • 冷え性

  • 肌荒れが治りにくい

  • 日中眠くなる

  • すぐ動悸・息切れがする

  • 集中力が続かない


まずは、自分が酸素不足かどうか確認してみましょう。


3個以上の症状が当てはまると、酸素が不足している可能性があります。


そのうえで頭痛が悩みの種となっている場合は、酸素不足からくる頭痛かもしれません。


なぜ酸素不足で頭痛になるの?脳へ酸素が行かないのが原因

酸素不足で脳に十分な酸素が行き渡っていないことが原因です。


酸素は血液で体内に行き渡りますが、酸素が不足するとより多くの酸素を取り入れようと血管が拡張すると言われています。


脳が酸素不足だと脳内の血管も拡張するため、頭痛を引き起こす可能性があるのです。


いわゆる「片頭痛」がこれに当たります。


また、肩こりなどからくる緊張型頭痛も筋肉がかたまって血行不良を起こし、脳が酸素不足となってしまうのが原因と考えられています。


酸素不足で頭痛になる理由

マスク酸欠に注意!現代人が酸素不足に陥りやすい理由


  • 二酸化炭素過多になりやすい

  • 肩こりになりやすい

  • マスク脱水

  • マスクストレス


新型コロナウィルス感染症の流行により、私たちはマスク生活を余儀なくされている状態です。


マスクをつけると、酸素不足による頭痛を引き起こしやすくなります。


理由として挙げられるのは、二酸化炭素過多・肩こり・マスク脱水・ストレスです。


詳しく見ていきましょう。


二酸化炭素過多になりやすい

マスク装着時は、マスクのせいで外気を吸いにくくなります。


呼吸で取り入れられる酸素も減少し、通常の約87%しかないとのデータも。


また、自分が吐いた呼気がマスクのせいで口元にこもって、再び吸ってしまいます。


体内は二酸化炭素が多くなる傾向にあり、通常の約30倍に増加するという報告もあるほどです。


脳も酸素が少なく二酸化炭素が多い状態となるため、脳内の血管が酸素を求めて拡張し、頭痛を引き起こします。


肩こりになりやすい

マスクをつけていると、耳や口元が固定されている状態です。


耳にかけるマスクの紐や口元に当たるマスク本体で、その付近の筋肉に負担がかかります。


さらに、マスクで隠れているため表情に気を使わなくなり、顔の筋肉を使う機会が減りました。


顔の筋肉が凝りやすくなっていることも手伝い、知らず知らずのうちに首中央の大きな筋肉である胸鎖乳突筋に負荷をかけています。


強い首こりや肩こりは頭部への血流低下を招き、老廃物の蓄積が周辺の神経を刺激して頭痛を引き起こすでしょう。


マスク脱水

マスク装着時、口元は呼気で常に湿っています。


喉が渇いたと感じにくく、気が付くと体は水分不足に陥っていることも少なくありません。


脱水症状を引き起こすと血流が低下し、頭痛の原因となります。


熱中症に繋がる恐れもあるので、水分補給に気を使わなければなりません。


マスクストレス

マスクの装着は、飲食がしにくい、肌荒れ、口元に熱がこもる、紐で耳が締め付けられるなど、さまざまなストレスを私たちに与えます。


ストレスは筋肉を緊張させるため、血行不良や筋肉のハリなどによって痛みを感じる神経を刺激し、頭痛の原因となるのです。


マスク酸欠

酸素不足による頭痛を改善する方法


  • 意識して深呼吸をする

  • 1時間に約1分はマスクなしで呼吸する

  • 自分に合ったサイズや紐のマスク使用

  • 顔の筋肉を動かす

  • 水分をこまめにとる


酸素不足による頭痛を改善するには、意識して酸素を取り入れなければなりません


酸素不足を改善させる方法を紹介します。


意識して深呼吸をする

深呼吸をするとより多くの酸素を体に供給でき、脳の酸素不足を改善できる可能性があります。


深呼吸は自律神経を整える効果も期待できるため、心も整うでしょう


リラックスした姿勢で息をゆっくり鼻から吸い、お腹を膨らませます。


吐くときは口からゆっくり細く長く息を吐き、お腹をへこませましょう。


日中バタバタしている人は、夜寝る前に仰向けで行うのがおすすめです。


1時間に約1分はマスクなしで呼吸する

長時間マスクをしなければならない状況の場合、1時間に1分はマスクしない時間を見つけましょう


口元が解放されてリラックスでき、体内の酸素が増えて二酸化炭素が減少します。


マスクを外す際は、人が周りにいないかどうか確認しましょう。


自分に合ったサイズのマスク使用

マスクのサイズ・紐の長さが自分に合っているものを選びましょう。


サイズが小さい、紐が短いマスクは顔や付近の筋肉を締め付けてしまい、血行不良や不快感などに繋がります


逆にサイズが大きすぎたり紐が緩いマスクは、ズレて何度も位置を戻すなどが必要になり、ストレスを感じるでしょう。


顔の筋肉を動かす

顔の筋肉を動かす機会が減っているため、意識して顔の筋肉を動かしましょう。


小顔体操や顔面若返りなどを取り入れてハードルを上げる必要はありません。


眉毛を思いっきり上げる、口角を上げるなど、思いつく簡単な体操をしてみてください


顔がスッキリして、リラックスにも繋がります。


水分をこまめにとる

喉が乾いていなくても、水分を定期的にとるように意識しましょう。


水分不足は頭痛以外にも体にさまざまな不調をもたらします


体調を整えるためにも、1日2Lを目安として水分補給するようにしましょう。


酸素不足による頭痛改善方法

酸素BOXや酸素カプセルはマスク生活でも酸素不足の頭痛を簡単に改善!

酸素不足からくる頭痛には、酸素BOXや酸素カプセルが効果的と言われています。


酸素BOXや酸素カプセルは、高濃度酸素を体内に取り入れられるルーム型装置です。


十分な酸素を体内に供給できるため、酸素不足の改善が期待できます。


体内の酸素量が増えると血行が良くなり、頭痛や肩こりなどが緩和されると言われています。


その他、細胞の活性化や睡眠の質向上など、さまざまな効果も期待できるでしょう


脳に酸素が行き渡れば、頭痛の改善に加えて集中力・閃き力アップも!


酸素BOXで頭痛改善

まとめ

酸素不足からくる頭痛は、酸素を求めて脳の血管が拡張することによって引き起こされると言われています。


また、酸素不足で血行不良となり、老廃物の蓄積や筋肉のハリなどで痛みを感じる神経を刺激することも原因と考えられています。


マスクの装着が日常化している現在は酸素不足に陥りやすい環境にあるため、意識して酸素を取り入れることが必要です。


酸素BOXや酸素カプセルは、深呼吸や呼吸だけでは取り入れられない大量の酸素を体内に供給できます。


頭痛の改善以外にも、肩こり緩和、集中力アップなどさまざまな効果が期待できるため、おすすめです。


酸素BOXサロンO2Clipsは、初回45分×2回が無料なうえ、毎月2日・20日(火曜の定休日除く)は誰でも無料で利用可能となっています。


酸素BOXサロンO2Clipsについて詳しくはこちら↓↓

酸素BOXサロンO2Clips


Follow Me

WEB予約はコチラ

一覧へ戻る

酸素BOXは継続してこそ効果が出てきます。カウンセリングを行い、計測結果をスタッフが記録してまいります。体調の変化などをご相談ください。回数や頻度をご提案させていただきます。

酸素BOXは継続してこそ
効果が出てきます。
カウンセリングを行い、
計測結果をスタッフが記録してまいります。
体調の変化などをご相談ください。
回数や頻度をご提案させていただきます。

TOP