慢性的な疲れが溜まっている方必見!慢性疲労の原因と疲労回復に効果的な4つの方法をご紹介!

Follow Me

慢性疲労の原因と改善方法

頭がボーっとしたり


体がだるくて動かすのがしんどい状況が続いて


気づいたときには、症状がなかなか治らない困る・・・


なんてことはありませんか?


これは慢性疲労が溜まっている証拠です。


ここでは、慢性疲労ががなぜ溜まるのか?という原因と


疲労回復に効果的な方法を4つご紹介していきます!


疲労は、『休息の必要性』と『体の異常』を教えてくれる重要な警報装置の役割を果たしています。


本来は一時的なものであり、睡眠や休息を取ることで回復することができると考えられていますが


長引かせてしまうと、



  • 病気

  • 思考力低下


などの症状を引き起こしてしまう可能性もあるので、疲労が気になる方は早めの改善を心掛けましょう。


疲労が回復しないのはなぜ?

『慢性疲労』はなぜ溜まってしまって


なかなか回復しないのでしょうか?


実は、慢性疲労の大きな原因として


情報の過剰インプット


が挙げられます。


現在の日常生活では、パソコンやスマホが欠かせないものとなっています。


しかし、欲しい情報がたくさんに手に入れられるという環境は、実は脳にとっては負担なんです。


必要以上の情報をインプットすると、すぐに大量の情報を処理する必要があり


これが神経的疲労につながります。


休みなく大量の情報を処理していると、疲れが蓄積しやすくなってしまうのです。


ではどうすれば解決できるのでしょうか?


改善方法を見ていきましょう!


慢性疲労の改善方法①『睡眠』

改善方法の1つ目は、疲労回復に一番効果があるといわれている『十分な睡眠』です。


質の良い睡眠をとることで



  • 日中使われている脳細胞が休まる

  • 全身の新陳代謝・疲労回復が図られる


という効果が期待できます。


一日に理想的な睡眠時間は6~8時間前後といわれているため


寝る前は、スマホを見る時間を減らすなど十分な睡眠時間を取る工夫をしてみるといいかも知れませんね。


慢性疲労の改善方法②『お風呂』

慢性疲労の改善方法の2つ目は『お風呂』


ややぬるめの40℃ほどのお湯につかってみましょう。


お風呂に入ることで副交感神経が優位になり、脳が勝手にリラックス状態になっていきます。


また、体が温まることで血流がよくなることで


肩コリ・むくみなどが解消され、体の疲れも取りやすくなりますよ。


慢性疲労の改善方法③『瞑想』

『瞑想』は情報過多の現代において、かなり効果的。


何も考えずに、ボーっとすることで、大量の情報を処理する脳を休めます。


瞑想法にはさまざまな種類があり、脳を休めるだけでなく疲労回復にも効果があるという研究が進んでいます。


アメリカの政府調査により、『瞑想』は



  • 不安感

  • 痛み

  • うつ病

  • ストレス

  • 不眠症

  • 慢性疾患


など多くの疾患の対策にも活用されていることが判明しています。


寝る前のスマホ時間を瞑想時間に変えると、脳も体も疲労が取れやすくなりますよ。


慢性疲労の改善方法④『酸素カプセル・酸素ボックス』

ご存じない方もいらっしゃると思いますが


『酸素カプセル・酸素ボックス』は慢性疲労の回復にかなり効果的。


大量の酸素を身体に供給することで、副交感神経が優位に働き脳が休まります。


また、酸素カプセル・酸素ボックス内は高気圧になっており、体に圧力がかかることで血流の流れが良くなり、体の疲れもほぐしやすくなります。


関西にお住まいの方は、初回500円で1時間体験できる『O2Clips』がオススメ!




竹枕や座椅子の貸し出しもあるので


酸素カプセル・酸素ボックスの中で『睡眠』や『瞑想』をすることも可能。


相乗効果で慢性疲労を素早く改善することができますよ!


気になる方はこちらからチェックしてみてくださいね。



Follow Me

keyword

WEB予約はコチラ

一覧へ戻る

酸素BOXは継続してこそ効果が出てきます。カウンセリングを行い、計測結果をスタッフが記録してまいります。体調の変化などをご相談ください。回数や頻度をご提案させていただきます。

酸素BOXは継続してこそ
効果が出てきます。
カウンセリングを行い、
計測結果をスタッフが記録してまいります。
体調の変化などをご相談ください。
回数や頻度をご提案させていただきます。

TOP