症状急変の恐怖「ハッピーハイポキシア(低酸素症)」 | withコロナは酸素を買う時代?

witbコロナ時代、症状急変の恐怖

新型コロナの影響が拡大していくなか、わたしたちは新型コロナの本当の恐ろしさを目の当たりにしています。


その中でも最も目を引くものが、気づかぬうちに重症化していく、肺炎。これを専門家たちは「低酸素症」と呼んでいます。


静かに進行していくことから「無症候性(サイレント)低酸素症」、苦しさを感じないことから「幸せな低酸素症(ハッピーハイポキシア)」とも言われています。


通常、肺炎になると、呼吸時の胸の痛み・呼吸のしづらさ・息苦しさを感じるもの。


しかし、新型コロナで肺炎になる場合は自覚症状がほとんど無いため、医療機関に運ばれる時点でかなり重症化してしまっています。


それを防ぐためのカギは、酸素にありました。


Follow Me

低酸素症になるとどうなるの?

低酸素症の症状について

「低酸素症」とは、簡単にいうとカラダに充分な酸素が行き渡っていない状態のことです。


軽度のうちは、「眠りが浅い」「疲れやすい」「頭痛」「肩こり」など、病気とはあまり関連性のない症状です。


しかし進行していくと、肺炎や脳機能の低下などを引き起こす場合もあり、とても危険です。


重症化する前に、質の良い酸素を、正しい量で補給することが必要です。


低酸素症と肺炎の関係

コロナ禍で注目を集めている「無症状の肺炎」は、低酸素症に気づかず放置してしまうと発症します。


コロナに感染していても、していなくても、日頃からカラダの酸素量を測り、良質な酸素を取り込んでおくと、低酸素症を防ぎ、肺炎のリスクを避けることができるでしょう。


カギは血中酸素濃度にあった!!

低酸素症を防ぐ鍵は血中酸素濃度にあった

「自分がコロナにかかっていて、ただ無症状なだけなのでは?」と不安に思ったことがある方も多いのではないでしょうか。


また、自分がコロナ患者で急変のリスクを避けたいと思っている方もいらっしゃると思います。


しかし、医療はひっぱくしており、治療が追いついていないのが現状です。

そこで注目を集めているのが、「パルスオキシメーター」という機器。


「パルスオキシメーター」という市販されている機器を使えば、誰でも簡単にカラダの健康状態や重症度を示すひとつの目安になる「血中酸素濃度」を知ることができます。


血中酸素濃度って?

「血中酸素濃度」とは、その名のとおりカラダの血液中に含まれる酸素量のこと。健康なひとの数値の範囲は、96%~99%とされています。


これより数値が低い場合、「低酸素症」=「酸欠」の状態になっており、悪化しないうちに、酸素を取り入れる必要があります。


そして、血中酸素濃度を正常値に保つことができれば「低酸素症」を防ぎ、コロナ感染のリスクを減らすことができるでしょう。


また、血中酸素濃度が高いと感染時に重症化しにくいということが医学的にもわかっています。「血中酸素濃度」を正常値に維持することは、コロナ時代に欠かせないといっても良いでしょう。


では、どうすれば血中酸素濃度を維持することができるのでしょうか。


パルスオキシメーターとは?

「低酸素症」は自覚症状が無いため、専用の機器で測定するしか方法はありません。


病院で脈拍を測るために、指をパクっと挟む小さな機器を目にしたことはありませんか?


実はこの機器、「パルスオキシメーター」といって、脈拍と同時に「血中酸素濃度」を測ることもできるのです。


市販されており、低価格で販売されているものもあるので、一般の方でもすぐに手に入れることができます。


すでに学校や老人ホームなどの施設、ホテルなどでも導入するケースが 増えてきています。


数値について

「パルスオキシメーター」はあくまで医療器具なので、数値を測ることはできても、その対処法を知っておかなければ意味がありません。


《コロナに関する数値の目安》

●正常値【97%~99%】…酸素が充分行き渡っている状態


●軽症【96%以上】…咳は出ても息苦しさはなく、肺炎にはなっていない状態。自然治癒も可能。


●中等症1【93%~96%】…息苦しさや肺炎が認められる状態。無症状の場合もあるため、慎重な観察が必要。


●中等症2【93%以下】..自力での呼吸が難しく、酸素投与が必要な状態。医療にかかるか検討するべき段階。


●重症【90%以下】…肺炎が進行し、自力で呼吸ができない状態。悪化すると、人工心肺装置=「ECMO」を使う場合も。


また、正常値の範囲内でも、急に3%以上数値が減った場合はコロナ感染や肺炎の疑いがあると言われています。


一時的ではなく、継続して数値を観察する必要があるでしょう。


家庭用の高濃度酸素発生機でも効果はある?

家庭用酸素発生機

コロナに感染しても、医療をすぐに受けられない、という状況が続くなか、今注目を集めているのが家庭用の高濃度酸素発生機です。


医療と同じレベルの酸素を取り入れることができるので、効果的とされていますが、実は隠れたデメリットも多くあります。


家庭用の高濃度酸素発生機のメリット・デメリット

家庭用の高濃度酸素発生機のメリットは、なんといっても市販されていて、医学的にもある程度の効果が認めれらていることです。


いざコロナに感染してしまっても、自宅に酸素を置いておけば、急変したときにも病院に行かず重症化を防ぐことができます。


しかし、かなり高額なので、一般家庭の経済状態では気軽に購入できる金額ではないでしょう。


そして、設置もしやすくボタンひとつで操作可能、といわれていますが、酸素療法はあくまで医師の目の届く範囲でおこなわれるべきもの。


酸素は、たくさん吸えば吸うほど良いというわけではありません。


例えば、血中酸素濃度が100%を超えた場合はが臓器が酸化をおこし、カラダをサビさせてしまう危険性も。


また、家庭環境によっては火災などの事故につながったという事例もあるので、利用する際には徹底した管理に気を配らなくてはいけないでしょう。


購入する際はこうしたデメリットにも、目を向けましょう。


万が一に備えて酸素BOXでカラダ作りを!

低酸素症にならない、健康なカラダを作る

withコロナ時代を乗り切るために、いちばん大切なのは、コロナに感染しないカラダをつくることです。


日頃から酸素BOXで充分な酸素を取り込んでおけば、血流が良くなり、基礎体温が上がるため、免疫力を大幅にアップすることができるでしょう。


高気圧酸素BOXサロン・酸素ステーションの魅力

高気圧酸素BOXサロン・酸素ステーションの魅力は、なんといっても短時間で高濃度かつ良質な酸素をカラダの中に取り込めること。


そして、市販の酸素発生機は酸素吸入を止めた時点でカラダから酸素が逃げてしまいますが、高気圧の環境下で酸素が吸える酸素BOXなら、持続的な効果が期待できるでしょう。

定期的にご利用いただくと、永続的な効果も得られるので、コロナ禍での健康管理に最適です。


「パルスオキシメーター」や「毛細血管血流スコープ」を導入しているので、健康状態を見ながらご利用いただけます。


酸素カプセルとは違い、広々としているので自由な姿勢で過ごすことができるのも大きな魅力のひとつです。


BOXの中で、PC作業やオンライン会議をしたり、お子様やお友達と一緒に入って映画を観たり、ゲームをしたりできますので、忙しい現代人にもぴったりです。


自由に過ごしながら、健康維持できる酸素BOXを体験してみませんか?


まとめ

コロナ禍で、わたしたちは改めて酸素の大切さを痛感しました。

withコロナの時代では、すでに酸素はお金を出して買うものへと変化しています。




当サロン「O2Clips」は、コロナ禍に負けないカラダ作りを徹底サポートいたします。




「コロナになる前にできること」は「酸素BOX・酸素ステーションを利用すること」。

当サロンの行き届いたサービスを味わい、健康を手に入れながら、有意義な時間をお過ごしください。




酸素BOX専用サロン・酸素ステーション【O2Clips】


Follow Me

WEB予約はコチラ

一覧へ戻る

酸素BOXは継続してこそ効果が出てきます。カウンセリングを行い、計測結果をスタッフが記録してまいります。体調の変化などをご相談ください。回数や頻度をご提案させていただきます。

酸素BOXは継続してこそ
効果が出てきます。
カウンセリングを行い、
計測結果をスタッフが記録してまいります。
体調の変化などをご相談ください。
回数や頻度をご提案させていただきます。

TOP