デスクワークで集中力が続かない原因とは!?|仕事がはかどる4つの方法

デスクワークで集中力が続かない原因とは!?

コロナの影響でテレワーク化が進み、慣れないデスクワークが増えて「集中力が続かない!」というお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?


デスクワークで集中力を維持できないと、だんだん作業効率が落ちてしまいます。会社からの信頼を失ってしまうリスクもあるため、早めに対処した方が良いでしょう。


今回は、デスクワークで集中力が続かない原因を解説しながら、集中力を維持する方法をご紹介します。


Follow Me

デスクワークで集中力が続かない原因とは!?

デスクワークについてのチェック項目

デスクワークで集中力が続かない原因は、大きく分けて4つあります。自分に当てはまる



  • 睡眠の質の向上

  • 環境音がうるさい

  • 仕事の量が多すぎる

  • ストレスで精神的に不安定になっている

  • 睡眠不足による眠気


環境音がうるさい

デスクワークに集中できない原因のひとつは、仕事場の環境音がうるさいことです。


周囲にいる人がひっきりなしにおしゃべりをしている、声のボリュームが大きい、在宅ワークで家族が見ているTVやゲームの音が常に鳴っている、といった状況だと集中力が続きません。


オフィスやご家庭の外の環境音にも注目しましょう。近隣で道路工事などが行われている、車通りが多い道路に面しているなど、窓から聞こえてくる騒音で集中力が途切れるケースも多いです。


仕事の量が多すぎる

人によって最適な仕事量は違うので、多すぎると焦ったりプレッシャーを感じたりしてしまい、集中力が途切れてしまう、というケースもあります。


ほど良い量の仕事はやる気の原動力になるものの、能力に見合わないほど多くの仕事を抱えてしまうと面倒に感じてしまい、集中力が続きません。終わりが見えない残務量は、仕事に対するモチベーションも低下してしまうでしょう。


ストレスで精神的に不安定になっている

失敗を恐れる気持ちや他人からの評価に対する不安を抱えていると、集中できず、仕事に身が入りません。


また、他人に対する不満によってイライラしてしまうと注意力散漫になり、集中力が続かない場合も。


気持ちもだらだらしてしまって捗らず、無意味な残業の原因になるでしょう。


睡眠不足による眠気

睡眠足による眠気も、特にデスクワークでは集中力が続かない原因のひとつになります。


眠気でボーっとしていると判断力が鈍くなり、新しいアイデアも浮かびにくくなります。デスクワーク中の眠気は作業効率も悪くなり、ミスにもつながりやすいため、早めに対処した方が良いでしょう。


デスクワークで集中力を持続させる方法

デスクワークで集中力を持続させる

集中力を維持するためには、まず、デスクワークに集中できる環境づくりが大切です。残念ながら、人間の集中力はそう長くは続きません。


その集中力ができるだけ長引くよう、工夫をする必要があります。

ここからは、デスクワークで集中力を持続させる方法を4つご紹介します。



  • 集中を妨げているものを減らす

  • やるべき仕事をタスク化する

  • 座りっぱなしにならないようにする

  • 仮眠を取る


集中を妨げているものを減らす

集中力を維持するためには、集中を妨げるものを自分の周りから排除することが大切です。


環境音が気になる方は、ノイズを遮断できる耳栓を使用してみるのもオススメです。イヤホンやヘッドホンを使って好みの音楽を聴くのも、集中力アップにつながるでしょう。


PCのメールやチャットの受信音も、うるさくない範囲に調整してください。オフィスやご家庭の外からの雑音や騒音が気になる場合は、防音クッションを使ったり、防音ガラスに変えるなどの対策も有効です


やるべき仕事をタスク化する

仕事のスピードが早い方や、いくつもの仕事を同時にこなせる方が取り入れている場合が多いのが、「やることリスト」をつくること。紙に書き出して見えるところに貼っているという方も。


仕事量が多くてやる気が出ないとき、手間のかかる仕事を前にして集中力が途切れそうなときに有効です。今日やるべきことを把握しやすいので、仕事の優先順位を着けやすく、効率の良いパフォーマンスにつながります。


やるべき仕事を書き出すと、タスクが常に目に入るので、モチベーションがアップします。仕事がひとつ終わったらひとつずつ消していく、という作業をすると達成感も得やすくなります。


座りっぱなしにならないようにする

長時間イスに座って同じ姿勢を続けていると、血流が滞るので、頭痛・肩こり・腰痛・疲れが溜まりやすい、などの症状につながります。


疲れると睡魔に襲われたり、やる気が無くなったりして集中力が途切れるため、座りっぱなしの状態は避けましょう。


例えば、定期的に立ち上がり違う作業をしたり、簡単なストレッチをしてこまめに体を動かしたりなど、姿勢を変えることを意識してください。


仮眠を取る

デスクワーク中の集中力を保つために、仮眠をとるのも有効的です。

お昼休みなどを活用して、10~20分ほどの仮眠を習慣化すると、疲労が軽減し、集中しやすくなります。


しかし、眠いからといって、長い時間仮眠を取るのはおすすめできません。かえって眠気が取れず、集中力が続かなくなる可能性も。


オフィスやご家庭での仮眠が難しい場合は、リラックス効果・急速睡眠・疲労回復・血流促進などの効果が期待されている、酸素カプセルや酸素ボックスを利用するのがオススメです。


集中力アップに最適!仕事がサクサク進む酸素カプセル・酸素BOXのひみつ

集中力UPに最適

人間の集中力と密接な関係があるとされているのは酸素です。集中力をつかさどる脳は、カラダの中でもいちばん酸素を消費する部位です。


酸素不足になると真っ先に脳機能が低下し、集中力・判断力が鈍り、眠気を誘ってしまう可能性も。この状態が続くと、ストレスが増えてメンタルやカラダの不調につながります。


それを避け、集中力をキープしながらデスクワークをするために最も適しているのが、酸素カプセルや酸素BOXです。


高気圧酸素のチカラ

酸素カプセルや酸素BOXは、室内の気圧を上げることで生まれる高気圧酸素をカラダに取り込める装置のことです。


高気圧酸素は空気に含まれる酸素量が多いので、短時間室内で過ごすだけで足りない酸素をしっかりと補給することができるでしょう。


高濃度酸素を取り入れると、血流が良くなり毛細血管のような細くて狭い箇所にも充分な酸素を行き渡らせることが期待できます。脳のように、毛細血管の集まりである部位の活性化にはとても有効的と言えます。


また、高濃度酸素を取り入れると疲労物質の乳酸がカラダから排出されるスピードが上がるので、短時間で疲労回復でき、疲れ知らずなカラダを維持できるでしょう。


さらに、高濃度酸素を取り込むと自律神経の乱れも整うとされています。日々のストレスを解消し、深いリラックス感を得られるでしょう。


酸素ボックスの中で仮眠をとると驚くほど頭がスッキリし、精神状態も整えることができ、夜の睡眠の質も上がることも期待できます。


お昼休みなどの時間を使って、酸素カプセルや酸素BOXを利用すれば、デスクワーク中の集中力をアップさせることができるでしょう。


高気圧酸素BOX・酸素ステーションの魅力

高気圧酸素BOX酸素ステーションの魅力は、室内での過ごし方が多数あることです。


酸素カプセルは狭くて閉塞感がありますが、酸素BOX・酸素ステーションは広いので自由な姿勢で過ごすことができるのが魅力です。


休憩中のお昼寝タイムやリラックスタイムとして、ストレッチや筋トレなどのリフレッシュ対策として、PC作業やオンライン会議の場として、などご利用方法が選べます。


また2人で入ることができるので、ミーティングの場としてもご利用いただけます。集中力アップ効果で、新しいアイデアが生まれるかもしれません。


まとめ

デスクワーク中の集中力維持には、酸素BOX・酸素ステーションがオススメです。

集中力が続けばパフォーマンスアップにもつながり、気持ち良く仕事が行えます。


大量の酸素を取り入れながらデスクワークをすれば、脳が活性化して、集中力だけではなく、記憶力アップも期待できます。


テレワークにも最適ですので、ぜひ当サロンをご利用いただき、酸素BOX酸素ステーションの効果をお試しください!!


大阪最大級高気圧酸素BOX専用サロン・酸素ステーション【O2Clips】


Follow Me

WEB予約はコチラ

一覧へ戻る

酸素BOXは継続してこそ効果が出てきます。カウンセリングを行い、計測結果をスタッフが記録してまいります。体調の変化などをご相談ください。回数や頻度をご提案させていただきます。

酸素BOXは継続してこそ
効果が出てきます。
カウンセリングを行い、
計測結果をスタッフが記録してまいります。
体調の変化などをご相談ください。
回数や頻度をご提案させていただきます。

TOP