酸素カプセル・酸素BOXに入るのは食事前が良い!?|その理由とは

酸素ボックスに入るのは食事前が良い?その理由とは

酸素カプセル・酸素BOXは、ストレス社会で生きている現代人にとても便利な健康器具です。


しかし、どんなときに利用するべきかを解っていないと、効果が得られにくいといったケースがでてきてしまいます。


なかでも、食事をとるタイミングはとても大切です。


今回は、酸素カプセル・酸素BOXと食事の関係について詳しくご説明いたします。


Follow Me

酸素カプセル・酸素BOXに入るタイミングについて

酸素ボックスに入るタイミングとは

酸素カプセル・酸素BOXに入るタイミングは、食事前が良いと言われています。


その理由についてご説明いたします。


高気圧酸素カプセル・高気圧酸素BOXの仕組みと食事の関係

まずは高気圧酸素カプセル・高気圧酸素BOXの仕組みをご紹介いたします。


高気圧酸素カプセル・高気圧酸素BOXは、気圧を上げて高濃度酸素を室内に充満させる装置のこと。カラダに充分な酸素を取り込むとができ、血流を促したり代謝を上げる効果が期待されています。


基本的に副作用は無いと言われていますが、アレルギー体質の方や胃腸の弱い方は、食事をするタイミングが悪いとアレルギー反応が出たり、吐き気がするという声もあり、注意する必要があります。


高気圧酸素カプセル・高気圧酸素BOXの利用時間は30分~120分。つい、中での過ごし方ばかりに気が行ってしまいますが、安心して利用するためには食事のタイミングにも気をつけましょう。


酸素カプセル・酸素BOXの疲労回復効果とは

酸素ボックスの疲労回復について

酸素カプセル・酸素BOXは、普段の呼吸では行き届かない毛細血管や、内臓など、カラダの隅々まで酸素を行き渡らせることができます。


酸素が充分あると細胞は活性化され、元気なカラダに導くことができるでしょう。


酸素カプセル・酸素BOXを使うと多くの人が、「疲れが取れた」と実感します。これは大量の酸素が体にたまった疲労物質の乳酸を分解・排出させるため。


さらに酸素と結びついた乳酸はピルビン酸となって代謝を高め、エネルギーに変換されるので、カラダが軽くなります。


また酸素カプセル・酸素BOXは、リラックス効果も期待できます。副交感神経が優位になるので、知らず知らず眠ってしまう方も。短時間でしっかりと疲労回復できるのも魅力です。


継続して利用すると、疲れを溜め込むことが無くなるので、ウイルスやストレスに負けない、強いカラダ作りができるでしょう。


酸素カプセル・酸素BOXの関係と食事の関係

酸素BOXと食事の関係

酸素カプセル・酸素BOXの効果的な入り方として大切なポイントは、極端な空腹時や、逆に満腹時は避けた方が良いということ。


酸素カプセル・酸素BOX内では気圧の変動が起こるので、その影響で胃や腸などの消化器官に負担がかかってしまう可能性があるからです。


食事をとると、消化のために胃や腸、その他の臓器の動きも活発になり、交感神経が高まります。すると、カラダが休まりにくくなってしまうことも。


せっかく酸素カプセルや酸素BOXに入っても疲労回復の効果が薄れてしまうため、入る前の食事は避けましょう。


ただし、ガス化した酸素が充満する室内で過ごすと、喉が渇くので入る前に十分な水分補給をしておくことをオススメします。


また、酸素カプセル・酸素BOXに入った後は代謝が良くなり、いつもより食欲がわく、という声も多いので利用後に食事をする際は量にも注意しましょう。


酸素カプセル・酸素BOX利用前に食事をしてしまったら?

酸素ボックス利用前に食事をしてしまったら?

酸素カプセル・酸素BOXに入る前に食事をしてしまった場合の注意点をご紹介いたします。


酸素カプセル・酸素BOXに入るタイミングは、食事をする前が理想ですが、仕事などの都合によっては先に食事をしなくてはいけない場合もあるかもしれません。


酸素カプセル・酸素BOXは極端な満腹状態でなければ、食事をした後に利用しても問題はないと言われています。


ただし、その場合は消化の良い食べものにするなど、食事内容に気を付けましょう。


食事のあと30分~1時間はあける

利用前に食事をした場合は、食後30分以上開けて酸素カプセル・酸素BOXを利用しましょう。


ある程度時間を空ければ消化が進むので、気圧の変化による悪影響は出にくくなります。時間に余裕がある場合や、予定の調整ができるなら、食後1時間程度はあけましょう。


また、新陳代謝が活発になるとアレルギーが出やすかったり、胃腸に負担がかかる場合があるとも言われています。


カラダに何か不安がある方は、食後3時間はあける方が安心です。


酸素カプセル・酸素BOX前の食事は脂を控える

酸素BOXに入る前は脂質を控えよう!

酸素カプセル・酸素BOXに入る前に食事をする場合は、できるだけ脂っこい料理は避けてヘルシーな食事を心掛けましょう。


脂質も大切な栄養素ですが、脂質の高い食事は消化するのに時間がかかり、内臓にも負担がかかってしまいます。そのぶん、酸素カプセル・酸素BOXの効果が低下するかもしれません。


また、利用前の食事は避けたほうが良いですが、逆に胃が空っぽの状態では吐き気が起こり、気分が悪くなるという声もあります。


スタッフは常に受付に常駐しており、インターホンもあるのでサポート体制は充分ですが、加圧・減圧には時間がかかるので、もし気分が悪くなってもすぐに出ることができないので注意しましょう。


食事に気をつけることで得られるメリット

酸素BOXに入るとき、食事に気をつけることで得られるメリット

酸素カプセル・酸素BOXは、食事のタイミングや内容などに気を付ければ、効率よく疲労回復できます。


また、この他にもメリットはたくさんありますのでご紹介いたします。


集中力アップ

高気圧酸素はカラダのなかでも、特に脳の機能を活性化させる作用があると言われています。脳機能が高まれば、集中力や記憶力もアップするため、仕事でのパフォーマンスも良くなるでしょう。


頭痛や眼精疲労も起こりにくくなるので、持続力が上がるといった効果も期待されています。


急速睡眠

中に入ると寝てしまう人が多いように、酸素は寝つきを良くし、短時間でぐっすりと眠れるというのも大きなメリットです。


酸素素カプセル・酸素BOXで60分仮眠すると、普通の睡眠の3時間分に相当する睡眠効果があると言われており、睡眠不足を解消することができるでしょう。


二日酔い軽減

お酒を呑むとアルコールの作用で良い気分になれますが、アルコールを分解するときに肝臓で生まれるアセトアルデヒトは、頭痛や吐き気といった二日酔いの症状を起こします。


アセトアルデヒドの分解・排出には、酸素が大量に必要です。高気圧酸素を血液中に充分取り込むと、二日酔いを軽減することができるでしょう。


まとめ

酸素カプセル・酸素BOXの効果をしっかりと実感するためには、食事の内容やタイミングが大切です。


安心・安全に利用するためにも、食事には充分注意をしましょう。


今回ご紹介した効果効能は、ほんの一部です。酸素カプセル・酸素BOXの効果について今後も詳しくお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。


大阪最大級高気圧酸素BOX専用サロン・酸素ステーション【O2Clips】


Follow Me

WEB予約はコチラ

一覧へ戻る

酸素BOXは継続してこそ効果が出てきます。カウンセリングを行い、計測結果をスタッフが記録してまいります。体調の変化などをご相談ください。回数や頻度をご提案させていただきます。

酸素BOXは継続してこそ
効果が出てきます。
カウンセリングを行い、
計測結果をスタッフが記録してまいります。
体調の変化などをご相談ください。
回数や頻度をご提案させていただきます。

TOP