知っておきたい!酸素カプセル・酸素BOXの正しい利用法!!

酸素ボックスの正しい入り方

酸素カプセルや酸素BOXがカラダに良いというのは知っているけど、具体的にどんな効果があるの?

どれくらいのペースで通えばいいの?


と疑問に思っている方も多いと思います。


今回は、酸素カプセルと酸素BOXの効果効能についてと、ちゃんと効果を実感できる「酸素BOXの正しいご利用方法」をご紹介いたします。


Follow Me

酸素カプセル・酸素BOXの効果効能って?

酸素ボックスの正しい利用方法とは?

酸素カプセル・酸素ボックスの効果・効能は非常にたくさんありますが、今回は特に知っていただきたい8つの効果効能をご紹介いたします。





    • 免疫力アップ

    • 急速睡眠

    • 疲労回復

    • 集中力・記憶力アップ

    • 怪我の早期回復

    • ダイエット

    • アンチエイジング

    • 二日酔い軽減




免疫力アップ

新型コロナの影響が拡大していくなか、免疫力について興味をもった方も多いでしょう。


実はカラダの中の酸素の量は人間の免疫力と深く関わっています。


酸素を充分とりこみ、体内の酸素量を維持すると血流が促進されて基礎体温が上がります。


基礎体温は1℃上がるだけでも免疫力が大幅にアップすると言われています。


急速睡眠

ストレス社会において、「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「目覚めが悪い」などの睡眠についてお悩みを抱えている方が急増しています。


睡眠不足が続くと、体力や判断力が下がってしまい、日常生活や仕事に支障をきたしてしまうことも。


高気圧酸素を取り入れると、乱れた自律神経を整え、交感神経と副交感神経を自然とコントロールできるようになり、睡眠の質を大きく上げることができるでしょう。


疲労回復

身体を動かし、筋肉を使うと、体内に乳酸が溜まり、人間は「疲れ」を感じます。

肩こりやだるさを感じるのも乳酸が原因。


酸素には、乳酸を炭酸ガスと水に分解して体外へと排出させる効果があります。


高気圧酸素を取り入れると、疲れ知らずなカラダをつくることができるでしょう。


筋肉や疲労にも効果が期待できるため、トレーニングや筋トレ後に利用しているアスリートも多く存在します。


集中力・記憶力アップ

人間の脳は、カラダの中で最も酸素を消費する臓器です。

そのため、酸素が少しでも足りなくなると、頭がボーっとしたり、集中力が続かなくなったりします。


高気圧酸素を取り入れると、脳が活発に動き続けることができるため、仕事の効率が上がったり、記憶力が上がったりといった効果が期待できます。


ケガの期回復

骨折やケガ、火傷などで壊れた細胞を修復するとき、カラダは大量の酸素を消費します。


高濃度の酸素を取り入れると、より多くの酸素を細胞の再生に使うことができるので、通常よりも早く回復することが見込めるでしょう。


ダイエット

「食事制限や運動をしてもなかなか痩せない…。」とお困りの方。もしかしたら酸素不足になっているかもしれません。


ダイエットには欠かせない「リパーゼ」という脂肪分解酵素をご存じでしょうか?

リパーゼは、カラダの脂肪を分解する役割があり、その際に大量の酸素が必要です。


高気圧酸素を取り入れると、リパーゼが活性化て基礎代謝がアップし、脂肪燃焼をうながします。基礎代謝があがれば、ちょっとした運動(通勤・家事etc…)で充分なダイエット効果を得ることができるでしょう。


アンチエイジング

年齢とともに血流は滞り、代謝も低下します。


新しい細胞に生まれ変わるスピードが低下すると、肌のターンオーバーのサイクルも遅くなるので、シミやしわなどの「老け」を感じるのは自然のこと。


しかし高気圧酸素には血流を促し、血管の末端まで供給することが出来る「溶解型酸素」を充分に補給することができるので、美肌を手に入れるだけでなく、常に健康的で若々しい身体でいることができるでしょう。


また利用する前にコラーゲンを取り入れると、通常よりも吸収率がアップするので併用すると、もっと効果を実感できるかもしれません。


二日酔い軽減

二日酔いの原因は、肝臓がアルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドという成分。アセトアルデヒドがカラダにあると、頭痛や吐き気、カラダの怠さを感じます。


アセトアルデヒドは、肝臓で炭酸ガスと水に分解されて体外に排出されますが、この時に大量の酸素が必要です。


高気圧酸素を取り入れると、アルコールの分解〜排出が促進され、二日酔いの症状が軽減されるでしょう。


また、あらかじめアルコールを摂取する前に血中の酸素量を増やしておくと、アセトアルデヒドの分解が促進されるので、二日酔い予防対策にもなるでしょう。


どれくらいの時間・頻度で通えばいいの?

酸素ボックスは、どれくらいの頻度で利用すればいいの?

カラダに良いとされる高気圧酸素ですが、実は、酸素はたくさんとればとるほど良いという訳ではありません。


血中酸素濃度が100%を超えると、カラダを酸化させてサビさせる原因になることも。


では、自分にあった利用時間や利用頻度はどうやって決めたら良いのでしょうか。


酸素カプセルや酸素酸素BOXに入る目安時間は?

一般的に効果が得られやすいといわれている時間・頻度は、1回30分~60分を3日に1回のペースで利用するのが理想とされています。


最短30分の利用でカラダに必要な酸素が満タンになり、利用後は徐々に酸素量が減っていきます。およそ3日で補給した酸素は初期の状態に戻ってしまうと言われています。


しかし、3日に1回の利用をつづけて数カ月経つと、酸素BOXご利用前の基礎の血中酸素濃度のパーセンテージがアップします。


例えば、初めてご利用の際に血中酸素濃度96%だった方が、ご利用後に98%になったとします。3日後にはまた96 %に戻ります。そこでまた利用して、98%にもどします。


これを数カ月続けると、利用後3日たっても利用前の数値が97%~98%にキープされます。


充分な量の酸素がカラダに満ちていれば、前の功でもお伝えしたような、さまざまな効果効能をより実感することができるでしょう。


利用目的にもよりますが、睡眠不足を解消したい、疲れをとりたい、という場合は最長90分のコースでお昼寝したりリラックスタイムとして利用するのにも適しています。


酸素BOXに入るときの服装は?

基本的にはどんな服装でも問題ありません。


筋トレやストレッチなどをおこないたい方は、トレーニングウェアを着ていただいても構いません。


酸素BOXに入るときの荷物は?

持ち込みNGのもの以外のお荷物は、そのままBOXへ持って入っていただけます。


スマホや財布などの貴重品も持ち込めるので、安心してご利用ください。


酸素カプセル・酸素BOXの価格はどれくらい?

酸素カプセル・酸素ボックスの料金について

酸素カプセル・酸素BOXのご利用料金の平均価格は1回1時間のご利用で、¥2,000~¥3,000です。


初回ご利用時のクーポンで割安になるサロンも多く、中にはお友達やカップルでシェアできるオプションメニューがあるサロンもございます。


O2Clipsの価格のご紹介

O2Clipsでは、お客さまに効果を実感していただくために、続けやすい価格帯で豊富なメニューをご用意しています。


★初回限定30分無料体験を3回ご利用いただけます(¥6,000相当無料)


●一般ユーザー


¥2,000 / 30分

¥4,000 / 60分

¥6,000 / 90分


90分以降

¥1,000 / 15分延長~

¥2,000 / 30分延長~


●回数券

¥20,000 / 5回チケット <通常より¥4,000分お得>

¥40,000 / 10回チケット <通常より¥12,000分お得>


● マンスリー会員 業界最安値に挑戦中

¥9,900 / 月 使い放題

※マイグッズ保管サービス有(枕・ブランケットなど1人2点までお預かり可能)


● お連れ様割引

¥1,000 / 1回利用

※お連れ様が未就学の場合は無料


● 学生・シニア割ユーザー

半額 (学割対象:小学生以上 シニア割対象:65歳以上)


※全て税込み価格です。

※非接触型キャッシュレス決済サービスを採用


● 法人/アマチュアスポーツチーム会員様向けの割引きプラン

詳しくはお問い合わせください。


酸素BOX専用サロン【O2Clips】


まとめ

酸素カプセル・酸素BOXはご利用を続けていただくほど、ご紹介した効果を実感することがでじるでしょう。


今話題のパルスオキシメーターや毛細血管血流スコープを導入している当サロン「O2Clips」は、お客様の健康状態をデータとして保存し、カルテ化することで、よりおひとりおひとりにあった利用方法をご提案させていただいております。


安心・安全に配慮した、新しい酸素BOX専用サロン「O2clips」を、ぜひご堪能ください。

酸素BOX専用サロン【O2Clips】


Follow Me

WEB予約はコチラ

一覧へ戻る

酸素BOXは継続してこそ効果が出てきます。カウンセリングを行い、計測結果をスタッフが記録してまいります。体調の変化などをご相談ください。回数や頻度をご提案させていただきます。

酸素BOXは継続してこそ
効果が出てきます。
カウンセリングを行い、
計測結果をスタッフが記録してまいります。
体調の変化などをご相談ください。
回数や頻度をご提案させていただきます。

TOP