コロナの後遺症を酸素カプセル・酸素BOXで克服⁉|全身の倦怠感を解消する方法

酸素BOXでコロナの後遺症を克服する?

新型コロナの後遺症の中でも多く見られる「全身の倦怠感」は、完治してからの日常生活や仕事に大きく関わってきます。


しかし、軽症・重症を問わずコロナ感染者の後遺症の治療法はいまだに見つかっていません。


中には、コロナのワクチン接種後にだるさが続き、いつまで経っても治らないという声もあります。


医師や専門家に「生涯続く可能性もある」と言われ、絶望してしまっている方もいらっしゃるでしょう。


しかし、そんな不安が続くなか、ひとつの希望が見えてきています。それは「酸素」です。


今回は、新型コロナ患者に見られる後遺症の原因と、酸素の可能性についてお話しいたします。


Follow Me

新型コロナの後遺症とは

コロナの後遺症とは

新型コロナの後遺症の原因や治療法は、まだ解明されていません。


しかし、一部では「新型コロナ後遺症外来」という窓口を作った医療機関もあり、症状や治療について研究が進められていています。


そこで明らかになってきている新しい情報とは、どのようなものがあるのでしょうか?


どんな後遺症がでるの?

新型コロナの後遺症の症状は、実にさまざまで発症の種類やタイミング・持続する期間が違います。


ここでは、今の時点で報告されている症状の種類と、経過の統計をお伝えいたします。


●持続する症状の比率






























症状 60日後の改善率 90日後改善率
嗅覚障害 19.4% 9.7%
呼吸苦 17.5% 11.1%
全身の倦怠感 7.9% 6.3%
味覚障害 4.8% 1.7%

●その他の症状

関節痛 筋肉痛 胸痛 認知障害 うつ病 不安 睡眠障害 頭痛 発熱 動悸 脱毛etc..


数値化してみても、全身の倦怠感は上位にあがっており、回復の比率が低いとわかります。


どうしてコロナの後遺症が起きるの?

例えば、風邪をひいたら発熱や咳、倦怠感などがでます。これは、カラダに入ってきたウイルスを倒すために起きる炎症反応です。


しばらくして、熱やだるさも無くなり、元気になったのに咳だけが長引く、という経験がある方も多いでしょう。


その原因は、肺に入ったウイルスを攻撃するのと同時に、肺自体にもダメ―ジを与えてしまうからです。ウイルスの抗体ができても、傷ついた臓器が回復するにはどうしても時間がかかるので、咳だけが長引くという現象が起こります。


新型コロナの後遺症は、この重篤バージョンと考えると解りやすくなるでしょう。


新型コロナウイルスは、体のさまざまな部位の臓器の細胞に入り込みます。そして風邪と同じようにカラダは炎症反応を起こします。


そのとき、強烈なウイルスに対抗するためにカラダは有害な化学物質を生んでしまいます。


そして、自分の臓器をも攻撃してしまうので、臓器が回復不可能なまでに大きなダメージを受けてしまうのです。


さらにこの化学物質は血液を固まりやすくさせる作用があるので、酸素が供給されず、臓器は傷ついた細胞を再生できなくなってしまうでしょう。


コロナ後遺症はどのくらい続くの?

コロナの後遺症がどのくらい続くかは、はっきりとわかっていません。症状によっても違います。


倦怠感はコロナ後遺症のなかでも多くの人が感じる症状です。数か月かけてゆっくりではありますが、時間の経過とともに解消していくケースも。


しかし、血液が固まって血栓ができると、臓器が再起不能に陥ることもあり、生涯にわたって障害がでてしまう可能性もあります。


コロナの後遺症の治療や管理方法は?

後遺症の治療法・管理方法

コロナの後遺症の根本的な治療法はまだ見つかっていません。


また、症状の種類や程度にバラつきがあるので、「これをすればコロナ後遺症が防げる」、というひとつの答えを出すことが出来ないのです。


対処法は、症状に合わせて症状を和らげる治療やリハビリをするか、症状とうまく付き合うために専門家からアドバイスを受けて、生活や仕事ができるように工夫する、などが上げられます。


その対処法のひとつとして医学的・科学的な根拠にもとづいて注目を集めているのが高気圧酸素療法です。


高気圧酸素療法で臓器を救う!?

高気圧酸素療法は、300年以上昔から医療機関でおこなわれている治療法です。


あらゆる病気の原因は、酸素不足=酸欠状態が引き金になるといわれており、それを防ぐ効果があると言われています。


高気圧酸素療法は、2.0~3.0気圧という高気圧下で、濃度が高い酸素をカラダに取り込むことができる「高気圧酸素カプセル」を使用します。


高濃度の酸素を適量取り入れると、血流が促進されて臓器の末端の毛細血管にも大量の酸素を届けることができます。


すると、細胞を再生する際に必要な酸素が充分補給できるので、機能が下がってしまった臓器を救うことができるでしょう。


医療現場でも導入されている高気圧酸素カプセルとは

医療用酸素カプセルの効果とは

中国でコロナウィルスに高気圧酸素療法に効果があった、という論文が発表されてから、高気圧酸素カプセルは全国で注目され、需要が高まっています。


論文の内容を簡単にまとめると、コロナ患者が低酸素症(酸欠状態)による肺炎になったときに、「酸素カプセルを使用すると炎症を抑える効果があった。」というものです。


これはあくまで医療現場でのはなしですが、その中に「低酸素症には1.2~1.3気圧でも、カラダの酸素量を増やして症状を緩和させることができた」という内容もありました。


コロナ後遺症に民間の高気圧酸素カプセルは効果があるの?

民間で使用出来る酸素カプセルの気圧は、1.3気圧までと設定されています。

医療で使用される数値よりは低いですが、利用すると血中酸素濃度が上がり、酸欠状態を防げることが解っています。


つまり、酸欠状態が引き起こす新型コロナの後遺症にも効果的と言えるでしょう。


コロナの後遺症の倦怠感を克服するメカニズム

後遺症を克服するメカニズム

倦怠感などの後遺症が残るひとつの原因は、低酸素症です。低酸素だった期間にかかわらず、カラダの細胞には大きなダメージが残って機能が低下してしまいます。


そのダメージを回復させるのに酸素は不可欠なので、民間の高気圧酸素カプセルや高気圧酸素BOX・酸素ステーションで酸素を補給すると症状回復につながると考えられています。


コロナ禍での高気圧酸素BOXの役割

コロナ禍での酸素BOXの役割

始まりは医療器具だった「高気圧酸素カプセル」も、今ではスポーツジムや整体院に設置されたり、企業が福利厚生として取り入れたり、一般人でも気軽に使える時代になりました。


そして、ひとつの健康器具として知れ渡った酸素カプセルは、コロナ禍に突入してから、「医療にかかれない場合でも、酸欠を防ぐ効果が期待できる器具」として期待の的になっています。


特に、高気圧酸素カプセルが進化した高気圧酸素BOXは、利便性が高く、忙しい現代人でも気軽に通うことができます。


コロナ禍で、倦怠感などの後遺症に苦しむ人の症状の緩和や、感染予防対策のひとつとして、高気圧酸素BOXサロン・酸素BOXステーションはその役割を果たすことを目指しています。


まとめ

医療がひっぱくし、退院後のケアもままならない状態がつづいていますが、わたしたちには高気圧酸素BOX・酸素ステーションという心強い味方が存在します。


当サロンは、コロナは完治したのに、カラダの倦怠感が残っている方やその他の後遺症にお悩みの方の健康をサポートしたいと考えております。


コロナの後遺症対策に興味がある方は、ぜひ一度足をお運びください。


大阪最大級高気圧酸素BOX専用サロン・酸素ステーション【O2Clips】


(※当サロンは、治療を目的とした医療行為ではありません。心身の健康維持・増進を図ることを目的とした施設です。)


Follow Me

WEB予約はコチラ

一覧へ戻る

酸素BOXは継続してこそ効果が出てきます。カウンセリングを行い、計測結果をスタッフが記録してまいります。体調の変化などをご相談ください。回数や頻度をご提案させていただきます。

酸素BOXは継続してこそ
効果が出てきます。
カウンセリングを行い、
計測結果をスタッフが記録してまいります。
体調の変化などをご相談ください。
回数や頻度をご提案させていただきます。

TOP