酸素カプセル酸素ボックスで怪我の早期回復が期待できる理由とは?治療方法や利用頻度を解説

酸素ボックスで怪我の早期回復

酸素カプセルや酸素ボックスを利用すると、怪我が早く治ると言われています。

今回は、酸素カプセル・酸素ボックスで怪我の早期回復が見込めるかを解説します。

また、治療方法や利用頻度も詳しく紹介!ぜひチェックしてくださいね。


Follow Me

酸素カプセル・酸素ボックスの効果で怪我が早く治る理由

酸素カプセル・酸素ボックスの効果で怪我が早く治る理由

怪我の回復には大量の酸素が必要なので、利用すると怪我が早く治ることが期待できるでしょう。


その理由を解説します。


怪我の回復には酸素が大量に必要

いちど傷ついた細胞を再生するためには多くの酸素が必要です。


酸素カプセル・酸素ボックスは、室内の気圧を上げて空気を圧縮し、酸素濃度を上げる機器。


室内で過ごすだけで、高濃度酸素を大量に取り込むことができるため、怪我の回復が早くなると言われています。


酸素が足りない場合は、怪我によって壊れた細胞・血管などに酸素が行き渡らないので回復に時間がかかってしまいます。


酸素カプセル・酸素ボックスは高濃度酸素を大量に取り込める

酸素カプセル・酸素ボックスは、高濃度酸素を大量に取り込む事ができます。


怪我が治る過程では損傷した細胞を修復するのに加え、新しい細胞を生みだすことが重要です。


そのプロセスを早めるためには、高濃度酸素が不可欠。


高濃度酸素は血流を促す作用も期待されているので、あっという間にカラダの隅々に運ばれます。


すると、損傷した細胞の修復力・新しい細胞の精製力を高め怪我の早期回復効果が得られるでしょう。


溶解型酸素で毛細血管や末端の細胞にまで酸素を届かせる

酸素カプセル・酸素ボックスを利用すると、通常の呼吸では微量しか得られない「溶解型酸素」を大量に得ることができると言われています。


溶解型酸素は通常の酸素よりサイズが小さく、毛細血管や末端の細胞にまで酸素を届かせることが期待できます。


酸素が届きにくい部位にも溶解型酸素はしっかり行き渡るので、よりスピーディに怪我の修復が行えるでしょう。


酸素カプセル・酸素ボックスを多くのアスリートが利用している理由

酸素カプセル・酸素ボックスを多くのアスリートが利用している理由

  • コンディションを整える

  • トレーニング後の疲労を回復する

  • リハビリ効果


酸素カプセル・酸素ボックスは、アスリートにとってたくさんのメリットがあります。


その中でも特に大きな効果が期待されている、3つのポイントを解説します。


コンディションを整える

酸素カプセル・酸素ボックスは、コンディションを整える効果が期待できます。


試合前にプレッシャーで睡眠不足になったり、体調を崩したりすると本来の実力を発揮できません。


酸素カプセル・酸素ボックスはリラックス状態へ導く効果や免疫力アップの効果があると言われています。


特に良質な睡眠を得るために必要な副交感神経を優位にする作用も期待できるので、ベストコンディションをキープするのに役立つでしょう。


トレーニング後の疲労を回復する

酸素カプセル・酸素ボックスは疲労回復効果が期待できます。


激しいトレーニングでカラダに溜まった疲労物質を短時間で分解~代謝することができるので、疲れを持ち越すことなく翌日のトレーニングに取り組むことができるでしょう。


リハビリ効果

酸素カプセル・酸素ボックスは怪我のリハビリに最適とも言われています。


日々厳しいトレーニングを行うアスリートにとって怪我はつき物。


怪我は回復に時間がかかればかかるほど、リカバリーするのが大変です。


酸素のチカラを借りれば、リハビリの効果を促進することができるでしょう。


骨折したとき酸素カプセル・酸素ボックスで骨は癒合する?

骨折したとき酸素カプセル・酸素ボックスで骨は癒合する?

酸素カプセル・酸素ボックスは骨自体を癒合する効果はないと言われています。


しかし、骨折は骨だけでなく周辺の毛細血管が切れたり、腫れで圧迫されたりし、血流不良となってしまいます。


損傷個所の回復には栄養や酸素が必要ですが、血流が悪いと十分な栄養や酸素が届かず、回復が遅れる原因となるでしょう。


酸素カプセルや酸素ボックスでは、怪我の回復に役立つ溶解型酸素を体内に取り込め、血流促進の効果が期待できます。


直接骨の癒合はできなくても、周辺の細胞を活性化して損傷個所の早期回復効果が見込めるでしょう。


理想的な利用頻度は3日に1回

理想的な利用頻度はどれくらい?

怪我の早期回復を狙うなら、酸素カプセル・酸素ボックスの理想的な利用頻度は3日に1回です。


酸素カプセルや酸素ボックスで体内に補給した酸素は徐々に減少しはじめ、元の状態に戻るまでの期間は約3日程度とされています。


怪我の早期回復を狙うには、完治するまで一定量の酸素をキープさせることが重要と言われています。


3日に1回利用しながら怪我の様子を見てみましょう。


まとめ

酸素カプセル・酸素ボックスで高気圧酸素を取り入れると怪我の早期回復効果が得られるでしょう。


骨折した場合は高気圧酸素でも骨の癒合はできないので、医療機関と併用してください。


理想の利用頻度は3日に1回です。


頻繁に通うのであれば、室内での過ごし方が多彩な酸素ボックス専用サロン「O2Clips(オーツークリップ)」がオススメです。


「O2Clips(オーツークリップ)」なら

室内は広々としていて映画鑑賞なども楽しめるので、リハビリを行いながら楽しい時間が過ごせますよ。


ぜひサイトをチェックしてみてください。


大阪最大級高気圧酸素ボックス専用サロン「O2Clips」


Follow Me

WEB予約はコチラ

一覧へ戻る

酸素BOXは継続してこそ効果が出てきます。カウンセリングを行い、計測結果をスタッフが記録してまいります。体調の変化などをご相談ください。回数や頻度をご提案させていただきます。

酸素BOXは継続してこそ
効果が出てきます。
カウンセリングを行い、
計測結果をスタッフが記録してまいります。
体調の変化などをご相談ください。
回数や頻度をご提案させていただきます。

TOP