今期のインフルエンザ大流行の危険性とは!?|感染症はコロナだけじゃない

インフルエンザ大流行の危険性

新型コロナ感染拡大で、存在感が薄れていたインフルエンザですが、専門家は今期大流行する可能性があると言います。


新型コロナ対策で、マスク・手洗い・消毒を徹底したことで感染予防効果が高まり、前期インフルエンザ患者数はゼロに等しかったといいます。


では、引継ぎ感染対策が続いている今なぜ大流行の可能性があるのでしょうか。


Follow Me

インフルエンザ大流行が懸念される訳

インフル大流行が懸念される訳

インフルエンザが大流行する訳は、大きく分けてふたつあります。それぞれ詳しくご説明いたします。



  • 免疫力低下

  • コロナによる規制緩和


免疫力低下

大流行の原因のひとつは、昨シーズン流行しなかったため、インフルエンザウイルスに対する免疫力が低下しているからと言われています。


新型コロナばかりに気が行ってしまいますが、今期はインフルエンザの予防も徹底しておく必要があるでしょう。


コロナによる規制緩和

また、新型コロナによる緊急事態宣言や蔓延防止策で経済状況が悪化し続けているので、対策の緩和が急がれると予想されます。


緩和が進めば、人と人との接触が増えて感染リスクが上がるので、必然的にインフルエンザの感染者数が増える可能性があるでしょう。


インフルエンザワクチンについて

インフルエンザワクチンについて

インフルエンザの予防策としてワクチン接種が有効とされていますが、新型コロナのせいで、インフルエンザのワクチンにも影響が出ています。


例年通り接種できない可能性も指摘されています。


インフルエンザワクチン生産が遅れている

心配されるのは、インフルエンザワクチンの生産が遅れていること。原因はワクチンを作る際に必要な「フィルター」という素材が不足しているからです。


コロナワクチンを大量生産し、その際消費したフィルターの補給が間に合っていないのが現状です。


インフルエンザワクチン接種の予約がとりにくい

インフルエンザワクチンの生産量が減れば、当然供給量も減り、ワクチン接種出来ない人も出てきます。


予約はすぐいっぱいになると予測されるので、インフルエンザワクチン接種の開始時期である10月から既に混雑するかもしれません。


ワクチンの同時接種は危険!?

新型コロナのワクチンを打ったけど、インフルエンザのワクチンを打っても大丈夫?という声もありますが、問題ありません。


ただし、ワクチンを連続接種する場合は2週間以上空けなければならないという規定があるので注意しましょう。


また、新型コロナのワクチンはインフルエンザにも効果があるのでは?と思う方もいますが、2つは全く別物です。


予防対策を徹底するためには、両方接種するのが理想的です。


インフルエンザのワクチンを受ける時期

高齢者・幼児は重症化しやすいので早めの接種をオススメします。時期は10~11月が理想的です。


ワクチンを打ってから免疫力が付くのに1カ月かかることも覚えておきましょう。インフルエンザのピークは翌年の2~3月なので、少なくとも今年中~翌年1月に済ませた方が安心です。


インフルエンザと新型コロナ、症状の見分け方

インフルとコロナの見分け方

インフルエンザと新型コロナの症状の見分け方は、まだはっきりと解っていません。


専門家は、発熱や倦怠感、咳など症状が似ているので見分けがつきにくいと言います。


また、インフルエンザもPCR検査で陽性が出る可能性もあり、混乱が心配されます。


新型コロナ×インフルエンザで更なる医療ひっぱくの可能性

医療機関のひっぱく

現在も、コロナの影響で医療現場がひっぱくしている状態が続いています。


他の病気で治療や入院が必要な人にも影響が出ている状態です。


インフルエンザが加われば、更なる医療現場ひっぱくの可能性もあります。


同時流行で重篤化患者が増える危険性

新型コロナとインフルエンザが同時に流行すると医療のひっぱくが加速化し、治療が受けられない、又は治療が遅れる危険性があります。


治療が間に合わなければ重篤化患者も増え、最悪の場合死亡してしまうケースも出てくるかもしれません。


新型コロナだけでなく、インフルエンザにもかからないよう同時に対策をしておく必要があります。


インフルエンザを予防するには!?

インフルエンザを予防するには

どんなウイルスに対しても、免疫力が備わっていれば感染リスクを減らすことができ、元気なカラダを維持できます。


インフルエンザを予防するためにも、免疫力を高める工夫を日頃から意識しましょう。


血液の循環を良くする

血液循環が悪くなると自己免疫細胞の働きが低下して、ウイルスがカラダに侵入しやすくなります。


また、自己免疫細胞が機能しないとウイルスと充分に戦えない状態になるので、感染した場合の発症率も上がるでしょう。


血液循環を良くするためには、栄養価の高い野菜を中心にバランスの摂れた食生活に気を付けるのが大切です。


適度な運動も欠かせません。第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎを動かすと血液循環が良くなり、肥満防止にもなるでしょう。


肥満になると、糖代謝が下がり免疫系疾患を引き起こしたり、ウイルスに対する耐性も低くなったりするので重篤化の危険性があります。


ふたつの免疫力を高める

インフルエンザを予防するために最も重要なのは免疫力です。


免疫力には、感染を予防する「防御免疫」と発症を予防する「攻撃免疫」があります。ウイルスがカラダに入るのを阻止するのが「防御免疫」、ウイルスがカラダに入った場合に撃退するのが「攻撃免疫」です。


「防御免疫」が機能すれば感染するリスクを減らすことができ、感染しても「攻撃免疫」が機能すれば発症率が低下します。


ふたつの免疫力を高めるには、日頃から疲れやストレスを溜めないで睡眠を充分摂ることが重要です。


高気圧酸素カプセル・高気圧酸素BOXで酸素を補給

高気圧酸素BOXで酸素を補給

免疫細胞はカラダに入ってきたウイルスを攻撃するとき、大量に酸素を消費します。インフルエンザウイルスに負けないよう酸素を多く取り込みましょう。


現在、酸素を取り込む方法として需要が高まっているのが高気圧酸素カプセル・高気圧酸素BOXです。


高気圧酸素の力で血液循環を良くする

高気圧酸素下で酸素を取り込むと、体内の血中酸素を増やすことができると言われています。


体内の血中酸素が増えると、血液循環が良くなり代謝機能も上がると言われています。


日頃から、高気圧酸素を補給する習慣を付けておくと感染予防にも繋がるでしょう。


高気圧酸素のチカラで免疫力を高める

免疫力は体内の血中酸素とも大きな関係があり、充分な酸素をカラダに取り込むと免疫力が上がると言われています。


高気圧酸素カプセル・高気圧酸素BOXは短時間で高濃度の酸素をカラダに充満させることが出来るので、忙しい現代人に最適です。


定期的に利用して酸素を補給し、免疫力を維持しましょう。


まとめ

今期のインフルエンザ大流行の原因はまたしても新型コロナ。しかも、まだワクチンが接種出来ていないという人もいるでしょう。


同様にインフルエンザワクチン接種も混雑が予想されます。ワクチン接種も大切ですが、今出来る最大の予防策は免疫力を高めること。


そのために高気圧酸素カプセル・高気圧酸素BOXの力を借りてみませんか?


コロナ×インフルエンザ同時流行の危険性が高まる大変な時代を乗り切るためにも、ぜひ高気圧酸素BOXサロン「O2Clips」をご利用ください。


大阪最大級高気圧酸素BOX専用サロン・酸素ステーション【O2Clips】


Follow Me

WEB予約はコチラ

一覧へ戻る

酸素BOXは継続してこそ効果が出てきます。カウンセリングを行い、計測結果をスタッフが記録してまいります。体調の変化などをご相談ください。回数や頻度をご提案させていただきます。

酸素BOXは継続してこそ
効果が出てきます。
カウンセリングを行い、
計測結果をスタッフが記録してまいります。
体調の変化などをご相談ください。
回数や頻度をご提案させていただきます。

TOP